食は人なり(7)

今回は続けてきた

「脳にいい食事大全」 ミシェル・ショーフロ・クック/著 ダイヤモンド社/刊

からの情報は、最終回です。

 

こちらでは、記憶力と脳の健康を高めるための最良の方法を紹介します。
これからの人生で健康な脳を保ち続けるための生活習慣の改善方法を、

毎日の暮らしの中に取り入れて欲しいのです。
この12のアドバイスの中から、

2つ以上を日々の生活に取り入れるようにしてみてください。

 

 

60秒能力アップの項目の番号でお伝えします。

32)1日8時間以上の睡眠でスーパーブレインをつくる。
眠るだけで、脳は健康になる。
夕食は就寝3時間前に済ませておく。
就寝前は、ブルーライトが使われている電化製品を避ける。
よく眠る人はよく痩せる

 

33)新しいことを学んで記憶力を高める。
脳の健康を保つためには、何かを学び続けることが不可欠。

 

34)天然の抗酸化物質でピロリ菌に打ち勝つ。
プロバイオティクス(善玉菌)、無糖クランベリージュース、

オレガノ油、ターメリックはどれも、ピロリ菌だけでなく、

他の様々な感染症に対する治癒効果がある。

 

35)いつもと違うことをして、脳細胞のつながりを増やす。
新しい何かに挑戦することで、脳細胞の繋りが強化され、記憶力が高まる。

 

36)ストレスの芽を摘んで脳のコンディションを守る。
ストレスが慢性化すると、脳のエネルギーが激減し、記憶力が低下する。
 脳に悪いストレスから身を守るには、
  ⑴ 食事を抜かない。
  ⑵ 水をたくさん飲む。
  ⑶ ビタミンB、Cを十分にとる。
  ⑷ 意識的に休養をとる
  ⑸ ストレスを感じる相手とは距離を置く。
  ⑹ 浪費をしない。
  ⑺ 新鮮な空気を吸う。
  ⑻ 瞑想をする。

 

37)第2の脳である腸の環境を整える。
「第2の脳」と呼ばれている腸内フローラが健康なバランスを

保っているかどうかは、記憶力の優秀さや脳疾患の抵抗力の強さを判断する材料にもなる。

 

38)太極拳や気功で脳の健康を高める。

 

39)瞑想のさまざまなメリットを享受する。
 瞑想によって、脳を傷つけるストレスの作法を鎮められる。
 1日10分以上瞑想することから始めましょう。

 

40)ストレッチと有酸素運動で記憶力を向上させる。
ストレッチ運動や有酸素運動は、長・短期的な記憶力を高める。
ハードな運動は不要。

 

41)ゲームとパズルで集中力を高める。
短・長期的な記憶力、情報の保持、集中力を高める。

 

42)ウォーキングで脳を大きく成長させる。
運動しやすい時間帯を見つけて、週に5日間以上は身体を動かすようにする。

 

43)食べ過ぎに気をつけて脳を守る。
過食は記憶力低下のリスクを倍増させることがある。

 

以上が「脳にいい食事大全」からの抜粋でした。

とらわれると、不自由になり、ストレスになるので、
知識を知って、意識して、自然に脳に良いことを選択できるように

なれればいいですよね。

 

50代後半で、物忘れが多くなってきて、やはり、脳がしっかりしないと
ダメだと思って読んだ本です。

食べ過ぎに気をつけ、新しいことにチャレンジしていきたいです。

 

著者は、太極拳、気功をオススメしていましたが、

アリゾナ大学での実験では、細胞の修復については、

気功より、リコネクティブ・ヒーリングの方が効果が高かったのです。
であれば、リコネクティブ・ヒーリングをしていれば、

自分をも癒すことになるので、それでいいのではないかと思いました。

ヒーリングを起こす、リコネクティブ周波数。

この周波数を使いこなしていくと、脳の健康にもいいのではないでしょうか?

そのリコネクティブ・ヒーリングを学ぶ機会があります。

創始者のDr.エリック・パールが2019年2月に来日予定!

 

2019年2月8日(金)から11日(祝・月)の間での、連続する3日間 に(2/8~10 or 2/9~11)、リコネクティブ・ヒーリングを学ぶコース、《リコネクティブ・ヒーリング レベル2(ライブ・イマージョン ウィークエンド)》が開催予定!

現時点で参加を希望される方を優先的に申込できるよう、仮申し込みを受け付けてます。
正式なお申し込みは、受講料をお支払いいただいた方が、最優先されることをご了承ください。

日本側での受講仮登録は、こちらからお願いいたします。
↓↓↓(仮登録フォーム)

http://reconnecting-japan.jp/level2_form.html

私の人生を変えた体験についてもシェアさせてもらう、
「リコネクション、リコネクティブ・ヒーリング」についてのお話会。

よくわからない方、ぜひ、リコネクティブ周波数を体験できるので、
いらしてみてくださいね。

 

 

リコネクティブ・ヒーリング®説明会

#脳にいい食事 #ミシェル・ショーフロ・クック
#食は人なり #栄養コンサルタント #記憶力と脳の健康を高めるための最良の方法
#エリック・パール #リコネクション #リコネクティブ・ヒーリング #人生を進化
#ありのまま #優先仮申込 #オンライン #リコネクティブ・ヒーリング説明会

今回も、「脳にいい食事大全」 ミシェル・ショーフロ・クック/著 ダイヤモンド社/刊
の紹介の6回目。

「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21」を引き続き、紹介します。
最低でも、5つを日々の食事に取り入れるようにすることを進めています。

「60秒能力アップ」からの引き続きの番号です。

 

 

22)脳に良いオメガ3脂肪酸をとる。
オメガ3脂肪酸の一種であるドコサヘキサエン酸には、脳細胞膜野の大部分を柔軟にし、記憶に関する信号が細胞間をスムーズに行き来するのを助け、中枢神経系細胞全体の神経伝達系を促し、細胞のエネルギーセンター(ミトコンドリア)を損傷から守る。
オメガ3脂肪酸は、亜麻仁油、チアシード、ペンプシード、くるみ、藻類、オキアミ、サーモン、サバ、イワシから摂取できる。

 

23)クルミで記憶力を高める
クルミは、栄養価が高く、脳を炎症から守る。
毎日、30~50グラムのクルミを食べることで、記憶力と学習能力が高まり、不安も減少する。また、アルツハイマー病の予防効果があることも示唆されている。

 

24)ホウレンソウで脳の老化を予防する。
ホウレン草は筋肉の機能を高めるだけでなく、脳を健康にする効果がある。
目の健康や視力の維持にも役立つ。

 

25)オリーブオイルで脳卒中のリクスを下げる。
オリーブに含まれている一価不飽和脂肪酸とビタミンEは、脳細胞の外膜を維持し、体の遺伝物質やエネルギー源いなる細胞の部分(ミトコンドリア)を保護する。
オリーブオイルは、煙が立たないように熱することが重要。

 

26)ローズマリーで集中力を高める。
ローズマリーは、認知症の予防と治療に効果がある。
脳への血流を増加させ、集中力を高めるのだ。

 

27)トマトで記憶力を高める
リコピンは、脳卒中や心臓病のリスクを減少させる。

 

28)ブドウで脳を活性化させる。
ブドウに含まれるレスベラトロールは、アルツハイマー病を防ぎ、脳細胞を損傷から守る。
心臓や心臓血管を疾患から守り、脳卒中の予防に役立つ。
レスベラトールを摂取するには、ワインではなく、紫色や赤色のブドウか紫色のブドウジュースからとる。

 

29)コーヒーブレイクで能力を全開にする。
コーヒーの乗員はアルツハイマー病のリスクを減らす。
がん予防になる。
ただし、1日のカフェイン摂取は約300mgが適量。

 

30)桃、チェリーを食べて脳に必要な栄養素を取る。
アプリコット、桃、チェリー、プラムは、脳を保護する。
免疫力や視力をアップするαカロチンやβカロチンが多く含まれている。

 

31)タマネギとニンニクで高血圧をおさえる。
脳卒中の原因となる、コレステロール値や高血圧を低下させる。
心臓病のリスクを軽減させる働きや、

風邪やインフルエンザを予防する強力な抗菌材の作用もある。

 

 

以上、「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21」についてでした。

日本でも、時々、身体にいい食べ物ということで、

話題になったりしているものもありますね。

もしよければ、参考にしてください。

 

とはいえ、これがいい!

と頭で考えて振り回されないように。

自分に何が必要かを自分に聞いてみてください。

 

身体に良い、白砂糖を一切使わない、マクロビオティックのケーキと季節の果物と
ハーブティーでのおもてなしをする、ハッピービューティサロン。

「おしゃべり会」のお知らせです。
ぜひ、一緒におしゃべりをしませんか?

 

心が楽に、元気になるおしゃべり会ですよ。
あなたのあるがままを出せる会。
話しながら、気づきが生まれるはず。
気づくことが、変わること。

意識が変わると、未来も変わるのです。

おしゃべり会の詳細はこちら。

 

 

ハッピービューティ サロン「心のモヤモヤを解放する」おしゃべり会

そして、わたしの人生を変えたリコネクティブ・ヒーリングを学ぶ機会があります。

創始者のDr.エリック・パールが2019年2月に来日予定!

 

2019年2月8日(金)から11日(祝・月)の間での、

連続する3日間 に(2/8~10 or 2/9~11)、リコネクティブ・ヒーリングを学ぶコース、

《リコネクティブ・ヒーリング レベル2(ライブ・イマージョン ウィークエンド)》

が開催予定!

 

現時点で参加を希望される方を優先的に申込できるよう、仮申し込みを受け付けてます。
正式なお申し込みは、受講料をお支払いいただいた方が、

最優先されることをご了承ください。

日本側での受講仮登録は、こちらからお願いいたします。
↓↓↓(仮登録フォーム)
http://reconnecting-japan.jp/level2_form.html

 

 

#脳にいい食事 #ミシェル・ショーフロ・クック
#食は人なり #栄養コンサルタント #脊髄損傷
#脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21
#エリック・パール #リコネクション #リコネクティブ・ヒーリング #人生を進化
#ありのまま #優先仮申込 #オンライン

食は人なり(5)

今回も、「脳にいい食事大全」 ミシェル・ショーフロ・クック/著 ダイヤモンド社/刊
からの抜粋です。

 

今回は記憶力と脳の健康にとって最高の食品を紹介する

「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21」についてです。
最低でも、5つを日々の食事に取り入れるようにすることを進めています。

 

「60秒能力アップ」で紹介した10から引き続きの番号となっています。

 

 

11)ザクロで脳のエネルギーを高める。
 ザクロには、豊富な抗酸化物質が含まれ、脳の健康を高めるためにも最適。
 脳卒中とその要因である高血圧予防にも効果あり。

 

12)脳を守るためにチェリーを食べる。
 チェリーの成分は、脳を構成する水分や脂肪分を損傷から保護する。
 チェリーは、関節痛や関節炎の軽減に役立つ協力な抗酸化作用がある。

 

13)セージでキレキレの脳を作る。
 セージの日常的な摂取は、記憶力を大幅に向上させる。

 

14)ブルーベリーを食べて頭をよくする。
 加齢に伴う記憶力低下を予防する効果。
 廊下や病気の原因になるフリーラジカルを破壊する抗酸化物質として作用。
 ブルーベリーはガンのリスクを減らす。

 

15)セロリは脳に効く最強の食材。
 セロリとセロリシードには、20種類以上の天然の抗炎症物質が含まれており、
 脳の炎症を減らし、廊下に伴い生じる記憶力の低下や脳の機能低下を食い止める。

 

16)ターメリックで認知症を予防する。
 ターメリックに含まれるクルクミンは、脳疾患の予防や脳の炎症予防にも効果がある。

 

17)お茶で脳の両半球をパワーアップ。
 お茶に含まれるカテキンは脳細胞の損傷と死滅を防ぐ。
 緑茶には、フリーラジカルと戦う抗酸化物質がビタミンEの20倍も含まれている。

 

18)食物繊維は脳の健康を増進する。
 豆類、ナッツ、種実類、ベリー類、全粒の穀物

 

19)豆類で認知能力を高める。
 豆類には、脳に有害な成分を排除する重要な栄養素が多く含まれている。

 

 20)1日1個のリンゴで認知症を防ぐ。
 コレステロールのレベルを適切に保ち、脳卒中を予防することで、脳の健康を維持する働きをする。
 リンゴ酢は食欲を抑え、カロリー摂取量を200~275キロカロリーも減らす効果がある。

21)ショウガで脳の炎症を抑える。
 ショウガは脳を保護し、脳疾患の原因となる炎症を軽減する。
 ショウガの鎮痛作用と抗炎症作用には、関節痛や筋肉痛を緩和する効果がある。

 

 

あれがいい、これがいい、と情報に振り回されそうになるかもしれません。
でも、大切なのは、自分の心に聞くこと!

 

買い物に行く時の参考にしてみてください。
今まで、意識しなかったことを意識するだけでも、脳に刺激を与えます!

 

自分の内なる声に従ってみて!

 

身体に良い、白砂糖を一切使わない、マクロビオティックのケーキと季節の果物と
ハーブティーでのおもてなしをする、ハッピービューティサロン。

ぜひ、一緒におしゃべりをしませんか?

 

心が楽に、元気になるおしゃべり会ですよ。
あなたのあるがままを出せる会。
話しながら、気づきが生まれるはず。
気づくことが、変わること。

意識が変わると、未来も変わるのです。

おしゃべり会の詳細はこちら。

 

 

ハッピービューティ サロン「心のモヤモヤを解放する」おしゃべり会

そして、わたしの人生を変えたリコネクティブ・ヒーリングを学ぶ機会があります。

創始者のDr.エリック・パールが2019年2月に来日予定!

 

2019年2月8日(金)から11日(祝・月)の間での、連続する3日間 に(2/8~10 or 2/9~11)、リコネクティブ・ヒーリングを学ぶコース、《リコネクティブ・ヒーリング レベル2(ライブ・イマージョン ウィークエンド)》が開催予定!

 

現時点で参加を希望される方を優先的に申込できるよう、仮申し込みを受け付けてます。
正式なお申し込みは、受講料をお支払いいただいた方が、最優先されることをご了承ください。

 

日本側での受講仮登録は、こちらからお願いいたします。
↓↓↓(仮登録フォーム)
http://reconnecting-japan.jp/level2_form.html

 

 

 

 

#脳にいい食事 #ミシェル・ショーフロ・クック
#食は人なり #栄養コンサルタント #脊髄損傷
#脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21
#エリック・パール #リコネクション #リコネクティブ・ヒーリング #人生を進化
#ありのまま #優先仮申込 #オンライン

食は人なり(4)

今回も、「脳にいい食事大全」 ミシェル・ショーフロ・クック/著 ダイヤモンド社/刊
からの抜粋です。

「60秒能力アップ」のうち「最強の脳を作る食事術10」の後半です。

昨日に引き続き、ご紹介します。

 

 

6)金属が体内に入り込むのを防ぐ
 脳に有害な重金属は、食べ物だけでなく、私たちの身の回りの意外な場所に潜んでいる。

 

7)制酸薬(胃腸薬の一種)の服用を避ける。
 制酸薬の多くには、大量のアルミニウムが含まれている。
 いくつかの研究は、アルツハイマー病患者の脳に

 高濃度のアルミニウムが蓄積されていることを指摘している。

 

8)アロマや香水は成分に注意。
 100%天然のオイルを使う。

 

9)柔軟剤を健康的なものに切り替える。
  柔軟剤に使われてる、脳に有害な成分。
   αテルピネオール、酢酸ベンジル、ベンジルアルコール、クロロホルム、エタノール、酢酸エチル、リナロール、ペンタン。

 

10)芳香剤や消臭剤の使用をやめる。
  脳に悪影響を及ぼす成分が使われている。

 

 

それぞれに、科学的に理由があるのですが、割愛しています。
興味ある方は、ぜひ、読んでみてくださいね。

 

あれもこれもダメ!となると、どうしたらいいの?
と思いますが、それも自分の心に聞く!ことをお勧めします。

自分の内なる声に従ってみて!

 

よければ、砂糖が入っていない、マクロビオティックのケーキと季節の果物、
ハーブティーで楽しく、今気になることをお話ししませんか?

ハッピービューティサロンの「おしゃべり会」が、そういう会です。

こちらで、詳細を確認してみてください。

 

 

ハッピービューティ サロン「心のモヤモヤを解放する」おしゃべり会

身体に良い、白砂糖を一切使わない、マクロビオティックのケーキと季節の果物とハーブティーでおもてなしをする、ハッピービューティサロン。

ぜひ、一緒におしゃべりをしませんか?

心が楽に、元気になるおしゃべり会ですよ。

あなたのあるがままを出せる会。
話しながら、気づきが生まれるはず。
気づくことが、変わること。

 

意識が変わると、未来も変わるのです。

おしゃべり会の詳細はこちら。

 

ハッピービューティ サロン「心のモヤモヤを解放する」おしゃべり会

そして、わたしの人生を変えたリコネクティブ・ヒーリングを学ぶ機会があります。

創始者のDr.エリック・パールが2019年2月に来日予定!

 

2019年2月8日(金)から11日(祝・月)の間での、連続する3日間 に(2/8~10 or 2/9~11)、リコネクティブ・ヒーリングを学ぶコース、《リコネクティブ・ヒーリング レベル2(ライブ・イマージョン ウィークエンド)》が開催予定!

 

現時点で参加を希望される方を優先的に申込できるよう、仮申し込みを受け付けてます。
正式なお申し込みは、受講料をお支払いいただいた方が、最優先されることをご了承ください。

日本側での受講仮登録は、こちらからお願いいたします。
↓↓↓(仮登録フォーム)
http://reconnecting-japan.jp/level2_form.html

 

 

#脳にいい食事 #ミシェル・ショーフロ・クック
#食は人なり #栄養コンサルタント #脊髄損傷
#脳の疾患予防治癒
#エリック・パール #リコネクション #リコネクティブ・ヒーリング #人生を進化
#ありのまま #優先仮申込 #オンライン 

食は人なり(3)

今日もご紹介している、
「脳にいい食事大全」 ミシェル・ショーフロ・クック/著 ダイヤモンド社/刊
からの抜粋で「60秒能力アップ」の
「最強の脳を作る食事術10」から5を紹介します。

 

 

著者は、10項目全て実行してほしいと言われています。

1)砂糖を減らし、植物由来の天然甘味料に切り替える。
 砂糖の過剰摂取は、現代人の脳や体に多く見られる炎症を関連している。
 砂糖は、ステビアで代用する。

2)アステルオパームなどの人工甘味料を止める。
 ステビアなどの天然甘味料を使う。

3)グルタミン酸ナトリウム(MSG)を避ける。
 加工食品を避ける。

4)トランス脂肪酸を止めて、脳にいい油に切り替える。
 オリーブオイルを使おう。

5)肉の摂取量を減らす。
 肉の量を減らすだけで、脳を傷つける炎症を軽減できる。
 アボカド、ココナッツ、大豆からタンパク質をとる。
 食物繊維の摂取量が増えることは、結腸がんの予防に役立ち、
 植物性栄養素の摂取量が増えることは心臓病や各種のがん、糖尿病の予防に役立つ。

すでに、ご存知のこともあるかと思いますが、
いかが思われますか?

 

私を振り返ると、1)から5)は、既に意識して実行しています。

だからと言って、脳が健康とは限りませんが、
あなたはどうでしょうか?

 

 

食べたものの結果は、年月を経てみないとわからないですからね。

正に身体は、食べたものでできているのです。

怯えてはいけませんが、ある程度意識しておくのも
役に立つとは思います。

この本は、科学的データを基にして書いていると言われています。

 

砂糖が入っていない、マクロビオティックのケーキと季節の果物、
ハーブティーで楽しく、今気になることをお話ししませんか?

ハッピービューティサロンの「おしゃべり会」を開催します。

こちらで、詳細を確認してみてください。

 

 

ハッピービューティ サロン「心のモヤモヤを解放する」おしゃべり会

 

心が楽に、元気になるおしゃべり会ですよ。
あなたのあるがままを出せる会。
話しながら、気づきが生まれるはず。
気づくことが、変わること。

意識が変わると、未来も変わるのです。

 

 

 

そして、わたしの人生を変えたリコネクティブ・ヒーリングを学ぶ機会があります。

創始者のDr.エリック・パールが2019年2月に来日予定!

 

2019年2月8日(金)から11日(祝・月)の間での、連続する3日間 に(2/8~10 or 2/9~11)、リコネクティブ・ヒーリングを学ぶコース、

《リコネクティブ・ヒーリング レベル2(ライブ・イマージョン ウィークエンド)》が

開催予定!

現時点で参加を希望される方を優先的に申込できるよう、仮申し込みを受け付けてます。
正式なお申し込みは、受講料をお支払いいただいた方が、最優先されることをご了承ください。

 

日本側での受講仮登録は、こちらからお願いいたします。
↓↓↓(仮登録フォーム)
http://reconnecting-japan.jp/level2_form.html

 

 

 

#脳にいい食事 #ミシェル・ショーフロ・クック
#食は人なり #栄養コンサルタント #脊髄損傷
#脳の疾患予防治癒
#エリック・パール #リコネクション #リコネクティブ・ヒーリング #人生を進化
#ありのまま #優先仮申込 #オンライン