おすすめの本/メディア

メディア

読むだけで、絶対みつけられる<br />
恋愛・結婚、仕事・人間関係、お金から心の病や難病まで… 心と体のあらゆる悩みを解消する!<br />
この悩みにこのヒーラー・占い師・気功師 72人 Part 2

「読むだけで、絶対みつけられる恋愛・結婚、仕事・人間関係、お金から心の病や難病まで… 心と体のあらゆる悩みを解消する!この悩みにこのヒーラー・占い師・気功師 72人 Part 2」
「心とからだの悩み解消プロジェクト」
特別取材班・編 三楽社出版
こちらに紹介されました。 すごいヒーラーかどうかわかりませんが、選んでいただいたことに感謝しています。 悩んでいる方に希望の光となることができれば、こんなにありがたいことはありません。

PHP 「カラット」
PHP 「カラット」
仕事を持つ女性が夢や目標に近づけるよう、活躍中のビジネスウーマンの体験と工夫を満載し、女性が直面する迷いと不安を解消することを目的にした雑誌です。
そのなかで、働く女性が仕事などで悩みに直面した時、実際に対面できてアドバイスをくださり、心を楽にしてくれる占い師の方や、スピリチュアルカウンセラーの方の特集として「12人の頼れる占い師&セラピスト」という綴じ込み保存版があります。そのなかで紹介されました。
新しくはじめている、チャネリングである、ボイス・ヒーリング・メッセージを是非、体験くださいね。
魂が歓喜するスピリチュアル・ ヒーリングマガジン Sundari (スンダリ)
「魂が歓喜するスピリチュアル・ ヒーリングマガジン Sundari (スンダリ)」
スンダリ=サンスクリット語で美しい人 白夜ムック271
松雪 泰子さんや須藤 元気さん、ダライ・ラマ法皇など多くの方のインタビュー記事があるユニークな雑誌です。スピリチュアルに興味のある方の入門編として、いいと思います。私の最新の写真もありますよ。今回の特集が前世療法についてですので、ちょっと心配な方はご一読してみてくださいね。
不思議サロンの凄い実力 Vol.2
「不思議サロンの凄い実力 Vol.2」
発行所:エルアウラ 発売所:英知出版  2005年
ライターの方がいらっしゃって、実際にヒプノセラピーを体験していただきました。 前に進んでいく力を、ご自分の中から、体感するものになったようです。 今は、気がつかなくても、ご縁が会ったのだと思っています。 ヒーリング マガジン 「トリニティ」を出版している会社から出ています。

おすすめの本

タイトル:ザ・ゲート
著者:エリック パール、Eric Perl 訳者:本田 健  角川書店

感想:「リコネクション」の翻訳が変わりました。 より読みやすくなっていると思います。「リコネクション」を最後まで読めなかった方、この本は、あなたのためかもしれません。
全く読んだことの無い方、是非! 「ただ存在しているだけで価値がある!」
タイトル:リコネクションR 人を癒し、自分を癒す
著者:エリック パール、Eric Pearl ナチュラル・スピリット

感想:この本を読むだけで、ヒーリングがおきる…  従来のヒーリングを超えたヒーリングがわかる。
だれでも、リコネクティブ・ヒーリングができる。 ぜひ、読んでほしい本!
タイトル:クライオン<1>終末の時-内なる平和のための新たな情報
著者:リー・キャロル ナチュラル・スピリット

感想:最もポピュラーなチャネリングの本!マグネティック・サービス、クライオンが終末の時を迎えた地球と人類に送る愛と再生のメッセージ―。 新たな情報があります。 エリック・パール博士もお勧めの方の本
タイトル:インディゴ・チルドレン-新しい子供たちの登場
著者:リー・キャロル & ジャン・トーバー ナチュラル・スピリット

感想:今までの「問題児」も「天才児」も実は「インディゴ・チルドレン」だった?新しく登場したと言われている、インディゴ(藍色)のバイブレーションをもつ子どもたちについて、各界の専門家が注目して、詳しく解説しています。

タイトル:クォンタム ヒーリング
著者:ディーパック・チョプラ 春秋社

感想:インドに生まれアメリカで医師となった著者が、インド古来の英知の集大成、アーユルヴェーダと超越瞑想(TM)による治癒システムを最先端の量子理論で科学的に解明した画期的心身医学論の全訳。人間とは思考そのものであり、身体と心は一体である。人間の身体は、量子(クォンタム)であり、宇宙そのもの。その考えに基づいて、クォンタム ヒーリングとは、意識形態の一方(心)が他方(身体)の誤りを自然に正す能力で、自己完結的プロセスだとしている。その一つが、記憶の解放とのこと。 読んでいて、ヒプノセラピーが記憶の解放に役に立つのだなぁと思えました。

タイトル:エイジレス革命-永遠の若さを生きる
著者:ディーパック・チョプラ 講談社

感想:心とからだを変えるチョプラ博士の理論と実践。いつまでも新鮮な心とからだを保つためのエイジレス読本。

タイトル:人生に奇跡をもたらす7つの法則
著者:ディーパック・チョプラ PHP研究所

感想:あなたの夢と願望は、宇宙の法則にアクセスすることで実現する。米国のスピリチュアルリーダーとして名高い著者による成功哲学の真髄。実用的な7つのメンタルトレーニング法を教えている。 英語のオリジナルも読みやすくわかりやすいので、英語の勉強にもおすすめ。

タイトル:The Book of Secrets
著者:Deepak Chopra Three Rivers Pr

感想:愛について
この本は深く考えさせられる本です。人生の秘密の答えを求めたいとき、この本がお勧めです。

タイトル:ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ ?”運命を操る力”を手にする「7つの特別プログラム」
著者:ウェイン・ダイアー 三笠書房

感想:スピリチュアルな生き方を実践すると勝つことを意識しなくても勝てたり、望ましい結果がでる。 人間の究極の成長について理解を深めてみてください。

タイトル:水からの伝言
著者:江本 勝 サンマーク出版

感想:言葉の力を実感した本。言葉によって、水の結晶がどのように変わるかを見て、見えないものにも力があると確信した。人間は60%は水。よい言葉を使って生きていきたいと思えた本です。

タイトル:バイブレーショナル・メディスン-いのちを癒す「エネルギー医学」の全体像
著者:リチャード・ゲーバー 日本教文社

感想:人間とは単なる物質ではなく、複合的な生命エネルギーシステムの存在である。人体の多次元的なリアリティを解明し、現代医学、世界の代替医療、宗教的・霊的な癒しのわざを大胆に融合させた、治癒と健康の統一ビジョンを描いている。

タイトル:エノクの鍵
著者:J.J.ハータック ナチュラルスピリット (9月にやっと出版されます!)

感想:リコネクションの関連は、Chapter 3-1-4, 3-1-7

タイトル:プレアデス+かく語りき-地球30万年の夜明け
著者:バーバラ・シーマニアック 太陽出版

感想:昴座として古来よりなじみの深い星雲、プレアデス。そのプレアデスが、著者マーシニアックを通して、地球人類変革の時代、DNA操作による地球支配の真相を語る。

タイトル:7つのチャクラ
著者:キャロライン・メイス サンマーク出版

感想:病、死、人間関係、心の傷。目をそらさず人生を見つめたとき、すべては変わる。7つのチャクラシリーズ第1弾。

タイトル:チャクラで生きる
著者:キャロライン・メイス サンマーク出版

感想:本書では、病気をはじめとする人生の難題の意味をつかむための新しい道を示したい。そして人生の神秘の中へとさらに深く入り、霊的な成熟へと向かう道を進む手助けとなることを願っている。病気は、自分の中にある「聖なる本質」を、見つけさせてくれる。神、人類、そしてすべての生きるものとひとつであるということを気づかせてくれる。

タイトル:第8のチャクラ
著者:キャロライン・メイス サンマーク出版

感想:この世に生まれて果たすべきあなただけの「使命」とは? 12の元型、12宮の星座、そして第8のチャクラ。三つの輪が重なりあったとき、見えなかった自分の姿が見えてくる。

タイトル:ミュータント・メッセージ
著者:マルモ・モーガン 角川書店

感想:一人の白人女性が、ふとしたことから、アボリジニ部族とともに砂漠を歩く旅に出た。言葉を介さず通い合う心、手を触れるだけで癒される体―灼熱の大地で体験する目をみはるような出来事の数々。その中で、ひとつずつ気づかされていく本来の地球と人類の姿。

タイトル:フィールド・響きあう生命・意識・宇宙
著者:リン・マクタガート 河出書房新社

感想:医療のトップジャーナリストが、世界有数の研究機関で活躍する50人以上の最先端科学者を取材。キーワードは、「ゼロ・ポイント・フィールド:ZPF」–宇宙の力の源となる量子真空。
このZPFを軸として、私たちの身体、細胞、DNA、脳、コミュニケーション、健康や意識、記憶や場所にかかわる驚くべき最新科学の成果が明かされる。
そこで明らかにされた<真実>は、量子力学が問いかけてきた可能性を、生命や意識の世界にまで広げ、まったく新たな地平を切り開く。もはや、生命-物質、こころ-からだ、個人-集団、過去-未来、生-死といった壁が突き崩され、従来、神秘や魔法といわれてきた領域にも科学の光が当てられる。

タイトル:聖なる予言
著者:ジェームズ・レッドフィールド 角川書店

感想:南米ペルーで発見された古代文書。そこには人生の意義に触れた深遠な知恵が記されているという。なにかに導かれるようにペルー行きの旅行機に飛び乗った私の前に、一つずつ見いだされていく九つの知恵。

タイトル:Some Science Adventures with Real Magic
著者:William Tiller Pavior Pub
タイトル:さとりを開くと人生はシンプルで楽になる
著者:エックハルト・トール 徳間書店

感想:オリジナルタイトル 「Power of Now」。 分析的なマインドや偽りの作られた自己、エゴを手放す。 問題が存在しない現在にゆだねること。 そこに、すでに完全なままに存在する喜びや真実の自己がいるのだから…
タイトル:前世療法-米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
著者:ブライアン・L・ワイス PHP文庫

感想:催眠治療中の女性患者が、前世の記憶を鮮やかに語りはじめた。彼女を通して伝えられた精霊達のメッセージによって、精神科医は現代科学では説明できない輪廻転生の世界を徐々に理解していく。―神秘的とも言える治癒の記録を綴ったこの手記は、人間観・人生観の革命であり、生きる真の意味を教えてくれる。
タイトル:あるヨギの自叙伝
著者:パラマハンサ・ヨガナンダ 森北出版

感想:ヨガの聖者,パラマハンサ・ヨガナンダ師が,波瀾に富んだ自己の生涯,インドの偉大なヨガの聖者たち,ヨガの数々の奇跡を近代科学の言葉で記述した興味つきぬ自伝
タイトル:生きがいの創造
著者:飯田 史彦 訳:- PHP出版

感想:どうして生まれてきたのか?を考えたことがありますか? そのヒントをくれるように思います。「生きている」ことが、素晴らしいのです。もう一度、生きることを考えて見ませんか?

タイトル:信念をつらぬく
著者:B.スイートランド 訳:桑名 一央 創元社

感想:自分との約束を守ることが大切。それによって、自分自身を信頼していくことができるから。わかっているけど、なかなかできないこと。それでも、朝、自分との今日1日の最低の約束をする。そして、必ず実行する。 それだけでも、自信がつくということ。やったことに目を向けることを教えられました。 まずは、「私はできる」という精神で「私はやる!」という決意で進むこと。

タイトル:癒す心・治る力 自発的治癒とは何か
著者:アンドリューワイル 訳:上野圭一 角川文庫

感想: 身体は健康になりたがっており、心と身体は分離できない。健康になるには、心から・・・  ホリスティック医学をわかりやすく紹介されていると思います。身体は、ひとつの全体であり、全ての部分は一つにつながっているということだと改めて感じます。

タイトル:人生の意味
著者:キャロル・アドリエンヌ 訳:住友 進 主婦の友社

感想:本当の自分を知ることで、自分に自信をもつことになる。人体エネルギーは「磁場」である。 - そのためには、磁場を弱めるようなネガティブなことを考えない。自分の好きなことが、実行すべきことと説く。でも、実際、好きでやりたいことと、できることのバランスを取るのが難しいですよね。改めて、自分を見つめなおすのに、よい契機になるかも知れません。

  • ブログ
  • メールマガジン