カウンセリングを体験して欲しい8つのタイプ【最新情報】

  • 2016年09月28日

多くの方は、「カウンセリング」と聞くと、病気の人が行くところ…と勘違いされているようですが、「カウンセリング」は、日常の中で、感情的にひどく揺れてしまったり、考えが堂々巡りをするような場合、あなたが自分のことを話すことで、自身を整えていくものです。

 

「カウンセリング」は、病気の人が行くところではありません。

ありのままのあなたが、話をしていくことで、気が付くことがある…

 

 

身体が疲れたら、マッサージや整体に行きます。

それは普通のこと。

心が疲れたら、カウンセリングに行くのです。

これも、普通のこと。

 

あなたが、ありのままで楽にいることができれば、

もっと気楽に、楽しく、元気になっていくでしょう。

 

 “ありのまま”のあなたを開放していくと、

日々もあなたらしく生きることができるようになってきます。

だから、元気になる…と言われるそんな場!

 

それが、カウンセリングで起こることです。

堅苦しく考える必要はありません。

 

 

【こんな方には、特にカウンセリングを体験してほしい】

  1.  悲しいことがあった方。
  2. 怒ることがあった方
  3. 仕事や学校、お家でも、なんだかやる気が出ない方!
  4. 人と話をするのが苦手な方!
  5. もっと自信をもちたいと願っている方!
  6. 開運したい、運を高めていきたい方!
  7. 今の自分を変えてみたいと思っている方!
  8. 幸せになりたい方!
     

 

いま、この記事を読んでるあなた。

まだまだ、人生をあきらめないで下さい!

 

 

あなたは、幸せになるために生まれてきたのです!

 

まずは、カウンセリングの場で「あなた」の思いを解放してください!

 

あなたが思っていること、考えていること、何でもお話ください。

誰も気にせず、言えないと思っていたことを話してもいいんです。

話すことで、自分の考えがはっきりしたり、考えがまとまったりすることもあります。

 

話しているうちに、あなたの中に眠っている内なる思いに気づくかも…

 

そして、あるがまま…

あるがままのご自身でいい!という感覚を味わってみてください。

 

 

最後に

誰もが、どこかの場所で自分でありながら何かの役割をこなしています。

  • 仕事では、〇〇課長、 △△会社の〇〇さん、
  • 学校では、●●ちゃんのお母さん。
  • お家では、xxさんの奥さん。

では、“あなた”でいる場はありますか?

 

あなたが“ありのまま”の自分でいることができる“場”がありますか?

 

感じたことを言って、言いたいことを言えて、否定されない場!

あなたの存在を大切にされる場!

周りのことを考えて、何を言えばいいのかと考える必要のない場!

あなたのことをあなたの属性で判断して、評価したりされない場!

 

 

実は、そんな“場”があるのです。

ありのままのあなたでいい場!

何を話してもいい場!

あなたのいうことに、判断も、否定も、スルーもされない場!

 

それが、カウンセリングの場です。

 

ピンときたとか、なんだか気になるという感じが、

あなたにうけてほしい!というあなたの心からの合図かもしれません。

 

ピンときたなら、こちらからお申し込みを!

 

 

  • ブログ
  • メールマガジン