最新情報

日本で5名しかいないリコネクションのティーチング アシスタント/メンターとして、神戸美侑が 伝えたいこと!

  • 2017年01月14日

メンターとは

 

メンターとは、リコネクションをすることができるに足りるかどうかを判断するテスト(クリデンシャリング)をする資格を持っていて、セミナーで学んだことを再確認し、再度教えることができる資格がある人のことです。

 

 
先日、その試験を受けて合格された時、いろいろな気づきがあったので、ご紹介したいと思います。

メンタリングを実施して

 

クリデンシャリングという、リコネクションの手順をちゃんとできるかどうかの試験を受ける前に、
正しいかどうかを再度確認して、スキルアップの練習を有資格者の指導のもと行うメンタリングを受けられました。
 
その方は、メンタリング開始から、何回も練習されているのがよくわかりました。
時間もちゃんと配分されていて、とても見ていて安心できる流れでした。
ですが、あるところだけ、なぜか、うまく行かなくて、ちょっと手が震えたりしていました。
 
何度もそこを練習して、うまくできるようになったのですが、やはり、なんだかぎこちない感じで、頭と身体がうまく連携がとれていなかったのです。
 
身体にまで落とし込めていない感じ…。
 
なかなかそうなると、ふっと落とし込める迄、時間がかかることもあります。 ただ、間違いではく、スムーズにいくやり方を求めるか、それでいいと、進化を留めてしまうか…
それは、本人が決めることができます。
 
もちろん、リコネクションを行うのに、ラインとポイントがずれていてはいけませんが、それは、ちゃんと合っています。
でも、流れるような美しい動きではないのです。
 
今迄の私は、それでもいい。と思っていました。
美しい流れは、ある程度やらないと身に付かないと思っていたから。
決して、ラインとポイントが間違っていないから、ちゃんとしたセッションができるのには、間違いはないから!と!
 
でも、この方の美しい動きを見て、やはりこのような動きでセッションをしてもらいたい!と痛感したのです。
 
その方は、どれだけ練習されたのでしょう。
 
メンタリングを受けてもらう前に、何度も練習して、イメージとレーニングをして、準備をされて、メンタリングに臨まれました。
 
でも、スムーズに動けないことや、思い違いをメンタリングを受ける中で発見されました。

クリデンシャリングを実施して

 

メンタリング後の3日後にクリデンシャリング試験を受けられました。
 
その方の動きが、すべてが ”美しい” 
本当に、ビューティフル! Beautyful!
数日で、頭と身体をつなげられたのですね。
 
うまく「できない」のには、理由があります。
 
一つは、知らない、忘れていたから。
 
その次に、言われても「できない」から。
頭でわかっていても、身体がついていかない。
もちろん、練習をすればできるようになるでしょう。
ですが、もしかすると、「できない」その裏には、恥ずかしさとか、
自分の中にある、自分の中のこだわりがあるのかもしれないのです。 
それに、気づく方もいれば、気がつかない方もいらっしゃる!
 
それを指摘されることは、ご本人にとっても、苦痛だと思います。
 
でも、それを超えて、克服されて、素敵な動きとして見せてくださった時、本当に、すばらしい!と思えました。
 
その方の、謙虚な姿勢、真摯な努力、お客様に良いセッションを提供するという強い思い、などなど 
本当にすべてが、美しい!のです。
 
当然なのですが、それができる方は、そんなに多くないのです。
確かに合格のスキルだし、ラインとポイントは合っていることには、間違いがないです。
でも、その中には、自分への言い訳しかないこともあります。 
十分練習する時間がとれないから…
家族の理解がないから…
メンタリングを受けるお金がないから…
などなど…
 
では、あなたは、何のためにリコネクションのプラクティショナーになりたいのですか?
時々、それを確認したくなるのです。
 
ほとんどの方が、リコネクションのセッションを受けて、ご自身が変わって、
この体験を多くの方にしてほしいと思ったから…という理由だと答えられます。
 
お客様に提供するには、正確なラインとポイントを描くだけではなく、それ以上の美しさも求めたいです。
それが、優雅にするやり方!
美しさは、余裕から生まれます。
必死にやっているときは、まだ美しくない。
ゆとりをもって、余裕を持てるようになると、
スムーズな動きが生まれ、美しくなるのです。 
 
リコネクションを受けるのは、一生に一回。
 
宇宙と自分のラインを再結合することで、人生を加速するものです。
 
ある特定のラインとポイントがとても大切なのです。
それを受けるだけで、繋がっていく…
 
どうしてなるのかわかりません。
 
でも、そうなのです。
だからこそ、リコネクションを受けて、人生が変わったという方が増える。
 
リコネクションのプラクティショナーは、一生に一回のセッションを心をこめて、正しいラインとポイントを美しい動きでやってほしいのです!
 
そして、それも最低限ではなく、余裕をもってちゃんとする!
 
うまくできない!とか、このくらいでいい!
という甘えは、自分の中のエゴや思い込みや
いろんなものがそうさせているのです。
自分のことしか考えていない…と言えるかもしれません。
 
それに気づいたら、それを手放すだけ!
 
その作業も、リコネクションをする中で、必要なことが起こり、気づきをくれているのだと思いました。
 
人によっては、すぐできる方もいれば、少し時間がかかる方もいる…
 
時間がかかる方は、自分を見つめる作業を深くすることになるのかもしれません。
が、その作業を通して、成長させてくれているのだと、改めて感じます。
 
もう一人の方は、試験という場に緊張する、人前でできない!
という呪縛に気づいて、それを解きほぐす作業を自分でされました。
 
それを超えるのは、ものすごく勇気がいり、自分を客観的に冷静に見ることが必要だったでしょう。
自分の嫌なところも、目を背けず、足りないところをどうすればいいのか、真摯に受け止めて、努力されました。 
少し、時間はかかりますが、その作業をこれからも続けられるそうです。
 
こうして、どんどんすばらしいプラクティショナーに成長されるのです。
 

新しい リコネクション サーティファイド プラクティショナー誕生!

 

新しい リコネクション サーティファイド プラクティショナーさんが誕生されました。
本当に心から言いたいです。
 
リコネクションに関することで、無駄なことはない!
 
クライアントさんにとっても、プラクティショナーにとっても!
そして、それを見届けた、私、メンターにとっても!
 
本当に、すばらしい! 
 
それを実感したリコネクションのクリデンシャリングでした。
 
2016年12月、新たに2名の方が、リコネクションのサーテリファイド プラクティショナーになられました。
 
誕生に立ち会えて、私は、本当に幸せでしたし、
成長されている姿は、とても美しい!
 
メンター冥利に尽きます!
 
どうぞ、これからもこの気持ちを忘れず、誠実にご自身と向き合っていただきたいです。
 
ご縁のある多くの方に、宇宙を味方にし、人生を変える可能性が大きい「リコネクション」を届けていただきたいと思います。
 
奇跡のような体験、人生が変わった体験、ただ、受けるだけなのに、どうしてこうなるのか? 
それがうまく説明できないから、わかってもらえないのですが、実際に起きている!
自分の体験、クライアントさんの体験、本当にあるのです。
 
それを伝え続けていきたいと思いました。
 
今の人生に、満足できないなら、受けてみればいいのに
単純な私はそう思います。
そのうえ、内なる心が、それが必要だと言ってくれるから…
 
新しいリコネクションのプラクティショナーさんは、どう伝えていかれるのでしょうか?
誠実に、自分の体験から、ご縁のある方に伝えていっていただきたいと思います。
 
私でお役に立てることがあれば、喜んでご協力します!
お二人の今後のご活躍を、心から応援しています!
 
ericbookthegatereconnection
 
 

最新情報

【リコネクティブ・ヒーリング 体験談】

  • 2016年11月11日

リコネクティブ・ヒーリングを受けると、誰もが、今苦しんでいることが治る!というわけではありません。

 自分のバランス(身体的、感情的、精神的、霊的)を整えることで、リコネクティブ・ヒーリングを受けた方にとって、必要なことが起こります。

 

例えば…

 

【交通事故以来の首と背中の痛みがなくなり、不眠が解消された】

交通事故以来、あまりよく眠れなかったのだが、ヒーリングセッションの後は、とても穏やかで、ぐっすり眠ることができました。

それというのも慢性的な首から背中にかけての痛みが引いていたからだということに気づいたのです。

すべて、自然に起こり、違和感なく受け入れることができました。とてもいい。

   45歳  SOさん

 

【前立腺がんの手術を回避できた!】

前立腺癌と診断されたが、薬剤による肝炎のため、薬をつかった治療ができず、手術しかないと言われたので、リコネクティブ・ヒーリングを3回受けてみようと思った。
1回目は深い眠りにはいったようで、自分のいびきにびっくりするくらいだった。
2回目もとてもゆったりとリラックスして眠ることができた。
3回目も、特に何も考えず、あっという間にセッションが終わった。
その後、検査をすると数値が安定しており、手術をする必要がなくなった。

  81歳  MYさん

 

【副腎疲労症候群で鬱状態だった私が、笑って人生を楽しめるようになった】

原因不明の副腎疲労症候群で鬱状態で3年くらい家の中で苦しんでいました。

過剰なストレスのせいだろうと、お医者様に言われ、治療を受けていましたが、

一向に改善されず、やる気も人に会う気も起きず、自分が何もできない人間になったような気がして、情けなくて、毎日悲嘆にくれていました。

私を心配した家族が、リコネクティブ・ヒーリングのことを知り、遠隔であれば、

出かけなくても受けられることなので、藁にもすがる思いで遠隔リコネクティブ・ヒーリングを受けました。

そうしたら、びっくり!

受けた後から、なぜか急に元気になって、外出したい気持ちになったのです。

その気持ちのまま、3年ぶりに、外出をしたら、家族が涙をながして喜んでくれました。

その後、遠隔ではないリコネクティブ・ヒーリングを受けるために、おしゃれをして地方の町から東京まで行こうという意欲が湧いて、実際一人で行くことが出来たのです。

それから毎日、だんだんとやる気が日々戻って来て、毎日を楽しく過ごせるようになりました。

本当に奇跡のようなことって起こるんですね!

ありがとうございました。

 38歳  YKさん

 

【月経前緊張症と生理痛があったのが、全く!完全に!!なくなりました】

  セッションを受けて、しばらくして気づいたのですが、毎回ひどい月経前緊張症と生理痛があったのが、全く!完全に!!なくなりました。ほんとにびっくりです。

実は、20代のころから生理痛がひどくて、毎回寝込むのを通り越して、のたうちまわるぐらいの激痛で、でも、婦人科では筋腫も何もなく健康と言われていました。

十年ほど前に、友達の家族が年1回通い続けているという遠方の整体にはるばる行ったら、音叉で恥骨の歪みを直してくださり、その後、のたうちまわるほどの激痛はなくなったのですが、それでも、始まる数日前からのイライラやだるさ、重さ、体のこわばり、腰痛などはなくならず、毎月しんどいながらも我慢するのが普通になっていました。

それが、リコネクティブ・ヒーリングを受けてから半年以上たった今も、

生理前ということに全く気付かないぐらい、普段と同じように動ける、自分史上あり得ない快適な状態が続いています。

42歳 MKさん

 

この体験は、ほんの数例です。

 

【他の体験談】

 

もちろん、何の変化も感じられない!という方もいらっしゃいます。

 

ですが、ほとんどすべての方が、

 

「気持ちよかった!」

「楽になった!」

 

とおっしゃいます。

今、あなたに必要であれば、

今お悩みなことやものが、なくなるかもしれません。

気持ちが晴れやかになるかもしれません。

 

ですが、リコネクティブ・ヒーリングは、診断や治療をするものではありませんので、

どのようなことが起こるかお約束できません。

 

また、リコネクティブ・ヒーリングを受けた後、

考え方が変わった!!

優しくなった!

今まで気にしていたことが気にならなくなった!

 

そのような感想もいただいています。

 

あなたも、体験してみないと、何が起こるかわかりません。

まずは、体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最新情報

【リビングマトリックス 量子物理学からのアプローチ】

  • 2016年11月8日

DVD ザ・リビング・マトリックス 

「ザ・リビング・マトリックス」というDVDで 世界的に有名な科学者の スタンフォード大学にて、細胞膜に関する画期的な研究に従事したのち、遺伝子は単なる生物の設計図にすぎず、意識や環境が細胞をコントロールし、遺伝子のふるまいを変えることを明らかにし、「思考のすごい力──心はいかにして細胞をコントロールするか」(PHP研究所)を著した、世界的に有名な生物学者のブルース・リプトン氏や英国王立協会会員の科学者で、「直接的な接触が無くても、ある人や物に起きたことが他の人や物に伝播する」とする(仮説形態形成場仮説、モルフォジェネティク・フィールド仮説)として有名なルパード・シャルドレイク氏や、世界的に有名な医学ジャーナリストの リン・マクタガート氏が、量子物理学からの最新の科学的理論を展開して、この新しい考え方が将来の医療に与える影響について意見を述べています。

 

それは、私たちすべてが、ゼロ・ポイント・フィールドの一部であり、

宇宙の果てとつながっており、目には見えないエネエルギー・フィールドが

すべてをコントロールしているからと言われています。

 図2

 

「ザ・リビング・マトリックス」(日本コロンビア)

 

実際の映像をお見せすることはできませんが、予告DVDをご覧になってください。

  <a https://www.youtube.com/watch?v=hT9h-0EAx40&list=PLk8XkCMYxgHlR5CCr9m6Ue61OIqYR2T3R

 

 

このDVDの中で、リコネクティブ・ヒーリングを行っているDr.エリック・パールの

リコネクティブ・ヒーリングにより脳性麻痺を持つ息子さんの状態が変わり、かかとをつけて歩けなかったのが、歩けるようになったり、片手でしかコップが持てなかったのが、もてるようになったりとクォリティー・オブ・ライフが向上したギリシャ人一家が紹介されています。

 

リコネクティブ・ヒーリングで、実証されている効果として、次の3つがあります。

 

   ・ダメージを受けたDNAを再構築する

   ・関節の可動域を広げる (理学療法の2倍以上の効果がある)

   ・運動能力を塞翁レベルまでに引き上げる

 

それにより、いろんな奇跡と言われる結果が出た方もいらっしゃいます。

 

リビング・マトリックスのDVDの中で紹介されています。

 

【脳性麻痺で歩行困難だった息子が歩けるようになった】

 ディミトリ君は、脳性麻痺で歩くこともままならない状態でした。家族は「歩行困難なまま生きていくしかない」とあきらめていました。

 ところがある日、定期健診で訪れた病院で看護師から「リコネクティブ・ヒーリングを試してみたらいかがかしら?」と薦められたのです。母親は半信半疑「どうせ、またダメだろう。でも、受けて害はなさそうだし、受けるだけ受けてみよう」と思いながらヒーリングを受けることにしました。

 するとどうでしょう? リコネクティブ・ヒーリングを受けた瞬間です。その場で、ディミトリ君は普通に歩いて帰っていきました。奇蹟を目の当たりにした母親は涙を浮かべて我が子を抱きしめました。

  9歳  ディミトリ君 「リビング マトリックス」に出ている男の子

 

 リコネクティブ・ヒーリングでは、奇跡のようなことも起こる場合もあるのです。

 

 

  • ブログ
  • メールマガジン