リコネクション体験談 2014年10月【最新情報】

  • 2014年10月14日

JUGEMテーマ:スピリチュアル

49歳女性
 
<リコネクション一日目>
ベッドに横になり始まると、すぐにおでこの真ん中ににモヤモヤとした熱さを感じる。その後モヤモヤは頭頂部の上の方に移動。終わるまで常にそこら辺に誰か?何か?がいる感じ。時々サァッーと優しい風が頭から顔にかけてなでるように通り過ぎていく。時々肋骨の左下あたりの腸が鳴っている。しばらくして左肩を横から『ツゥン』と先のまるい指のようなもので優しく突かれた。突かれた後は左手がピクピクとレジスタ反応を起こしていたようだ。一瞬バニラのような甘い香りがフワッと漂う。何も見えたり聞こえたりすることなく、穏やかな状態で終了。
 
建物から出て、246沿いの歩道を歩きながらふと『自分が好き』と思う。その感覚に『あれっ』と不思議に思いながら、夜風の空気を心地よく感じる。非常に軽く過ぎていった感覚なので、深く気に留めずに帰途につく。
 
寝ようとベッドに横になると全身が砂鉄になったみたいにビリビリしてとても眠れない。しばらくあがいているうちに疲れて眠ってしまった。
 
<リコネクション二日目>
なぜか両肩が軽い筋肉痛。体の中心に軸ができているように体の左右差が整った感じがする。研究所に向かうため朝の国道246の歩道を歩いていると、また『自分が好き』という感覚が湧き上がる。昨日よりも明確に、はっきりと愛おしさを感じる。気分が軽い。
 
ベッドに横になると昨日と同じようにモヤモヤくんが頭の周りに陣取ってきた。よく順番は覚えていないが、下唇の左端、腕と脚のレジスタ反応が次から次へと表れる。腕や脚が動くたびに全身が動くような強い動きで全く制御不能状態。途中1回、よくわからないがこらえきれずにクスッと笑い声がでる。モヤモヤくんは右に動いたり左に動いたり、常に頭の数十センチ上にある感じ。段々とレジスタ反応の動きが少なくなり終了。
 
帰り道、また246沿いの歩道を歩いているとニヤニヤと笑みがこぼれる。
この日は午後から夜まで予定が入っておりバタバタしていた。体は軽い運動をしたように疲れている。夜遅くになって、はめていた指輪が無くなったことに気づく。
 
夜、横になると昨日に増して強烈な砂鉄ビリビリが全身を襲い身もだえする。まるで水晶のクラスターが体から出ているようだった。特に手の平から。翌日は左のわきから大胸筋にかけてすごい筋肉痛を発症。
 
<リコネクション2週間後の変化>
身体的変化
◎背筋がすっと伸びた感じ。左肩にのっていた何かと左肩甲骨と背骨の間に挟まっていた何かが取れた。(確かに左肩は50肩で痛めていた)
◎体の左側がグラウディングできるようになった(力が入るようになった。地に足がついている感じ)
◎左下あごのリンパの痛みと歯の痛みがなくなった。
内面的変化
◎自分が好きかと尋ねられて平気で『好き』と言えるようになり、欠点を含めて受け入れられるようになった。(自信がでてきた)
◎家族や物事に対する不安や心配が非常に薄らいだ。(殆どないかも)
◎レジの会計時に目を合わせて微笑むことができるようになった。
◎将来あそこに行きたいなどの願望がでてきた。
◎同じ世界を見ていても以前より明るく見えている感じ。
環境的変化
◎リコネクション後、なくした指輪や虫眼鏡(これは3か月見つからなかった)が一晩で見つかった。
◎スケジューリングが信じられないくらい非常に上手くいくようになっている。
 
リコネクションの存在を知って、なぜか自分でもよくわからないまま受けようと思いネットでプラクティショナーを探しました。3人目までは何かふみきれず、4人目にたどり着いたのが美侑さんでした。後からプラクティショナーさんを選ぶのはとても重要と知り、今更ながら美侑さんにやっていただいて良かったと思っています。
何か劇的なものを見たり聞いたりしたわけでもないのに、受けた後の『私が好き』という感覚の変化には非常に驚きました。50年生きてきて一度も感じたことのない感覚が一瞬にしておりてきたのですから。しかし、疑い深いわたしは一時的なものかもしれないと様子をうかがっていましたが、ちゃんと芯に根ざしていると実感できています。派手なアクションがなかっただけに、一体何が起きたのか狐につままれたようでもありますが、人生最大の難題だったともいえる『自分が好き』という実感を与えてくださった美侑さんに心から感謝しています。ありがとうございました。
 
 

  • ブログ
  • メールマガジン